晩婚花嫁 アメリカ生活日記

アラフォーで国際結婚した、アメリカ生活日記

*不妊治療。。却下された(;´・ω・)*

アメリカでの不妊治療への道のりは、本当に長いです(;´・ω・)

結果から申し上げますと、唯一保険が効く不妊治療の病院に却下されました。。

アメリカの病院事情

アメリカは日本と違って、任意で保険に入ります。なので、全く保険に入っていない人も存在します。保険によってカバー範囲や、対応している病院も変わってきます。

アメリカでの不妊治療は、まず主治医(primary care manager、以下PCM)を訪問し、不妊治療病院を紹介してもらわないといけません。日本みたいに直接行けたらいいのに。。と、本当に思います(;´・ω・)

不妊治療病院訪問

不妊治療病院を紹介してもらう

8月24日、保険会社へ問い合わせして、近くのPCMを紹介してもらいました。女医と言う事で選んだのですが、おじいちゃん先生(゚Д゚;)

女医先生はお休みを貰っていて、代理だそうです。まず、婦人科受診をを勧められるも、不妊治療の病院を紹介してください。と食い下がり、無事紹介手続をしてもらいました。(8月29日、PCM向けの血液検査)

8月30日不妊治療病院へ予約の連絡をした際、ドクターと旦那様の日程が合わず(;´・ω・)予約日は9月20日(;´・ω・)ほぼ一ヵ月無駄に過ごす事に。。。

9月17日不妊治療病院から、紹介状(referral)と保険権限(insurance authorization)が届いてない、との連絡が(゚Д゚;)!?PCMの所で保険会社へ手続をしてもらい、不妊治療病院へ送られるはずだったが、予約日3日前の時点でまだだと。。。危うい。旦那様がPCM、保険会社、不妊治療病院それぞれへ連絡し、翌日、手続が完了しましたが、もしこれが間に合わなかったら、$275請求が来る予定でした(;´・ω・)

不妊治療病院、初訪問✨

9月20日、やっと不妊治療病院訪問!!とっても綺麗で清潔感のある建物✨30分くらい待っている間、泣いて診察室から出てくる女性が1人。これから起こる事に不安はあるが、気を強く持たなきゃなっと思わせる一幕でした。

f:id:CandR:20181004021501j:plain

担当の先生は、とっても感じが良く、保険の事も親身になってくれ、キッチリ確認してくれると約束してくれました(アメリカの保険は本当に複雑なので。。)

カウンセリングで、まず今日の診察は、X線で卵を診るのと、血液検査をすることになった。卵の数は4~5個の合計8~10個。「アジアンは元々卵が少ない傾向にあるのだけれど、年齢と人種を考えると、これくらいが普通ですね。」と先生。アジアンは少ないのか(;´・ω・)

診察の後、コーディネーター?アシスタント?の人が保険について話しがあると、別室に通された。今回のX線検査はカバーされているが、血液検査はカバーされない。PCMの元へ戻り、そちらで血液検査をしてもらうよう言われ、PCMへの書類を渡された。摂取推奨のサプリメントも記載されており、どうやら、これもPCMのところで保険がきくらしい。先日の一件で、旦那様は私のPCM(病院)が気に入らない様子(;´・ω・)まぁ、確かに。。。。と言う事で、保険会社へPCMを変更する旨連絡。評判のいい、大学病院へ決め、早速予約の連絡を入れたが。。。予約は最短で10月18日との事( ̄▽ ̄;)

今後の治療について、話合い

もし血液検査もして、不妊認定されたとしても、保険が効かない病院で治療して行く事は金銭的に難しいのでは?(;´Д`)

アメリカへの移住、GC申請、家の購入、車の買い替え、決してお金に余裕がある状況ではない(;´・ω・)12月には旦那様の実家へ挨拶に行く(旅券だけで13万)し、両親が元気なうちに、一度は日本に帰りたい。旦那様の長期出張(自腹立替)の控えており、保険なしの治療は断念せざる終えないのでは?

日本に居れば、私もそれなりの所で働けるので、治療も可能だろうが。。。ここで、私の英語力、職歴で事務のそれなりの職に就くのは不可能(;´・ω・)ごめんなさい

話し合いの結果、唯一保険が効く不妊治療病院へ変える事にした。保険会社からは、定員がいっぱいで、今は新規を受け入れてないと言われた病院(;´Д`)

彼のPCMはそこの系列なので、彼がPCMへ予約を入れた際、念の為直接病院へ問い合わせしてもらった結果、待つだろうけど、受け入れ可能。ただし、その不妊治療病院には年齢制限があり、39歳以上は受け入れない(゚Д゚;)12月の誕生日まであと約3ヵ月、間に合うといいけど。。。

ふりだしに戻る(Back To Square One)

不妊治療病院を変えるとなると、またPCMから紹介してもらわなくてはならない(;´・ω・)新しいPCMは一番早くて10月18日。元のPCMはかなり危なっかしいが、タイムリミットがあるので、元のPCMへ戻す事にした。

9月24日、再びPCMを訪問。今度はちゃんと女医さんだったw左足にギブスを付けていたので、前回居なかったのはこのせいだろう(;´・ω・)お大事に。簡単な診察、私達の状況を話し、新たに唯一保険が効く不妊治療病院を紹介してもらうことになったが、この女医さん、ちょっと英語がイマイチなのか、会話にはさほど問題ないが(私に問題があるから気付かないのかw)、書くのはが苦手なようだ。PCにタイプしている英語、ちょっとおかしい。やっぱり不安だ(;´・ω・)

9月26日、PCMからfertility clinicに referral(紹介状)をちゃんと送ってるか確認したところされて無い( •̀ㅁ•́;)PCMに連絡し、今夜中にすると約束をもらう。

9月27日、保険会社と不妊治療病院に、きちんと紹介が通っているか確認。却下されたとの事(; ・`д・´)なぜ!?保険会社曰く、今は受け入れてないからではないか?との事。でも旦那様は食い下がって、『不妊治療病院が受け入れると言っているのに、そんなはずはない。』不妊治療病院へ直接問い合わせ。調べたら、不妊治療病院じゃなく、系列の他の病院(不妊治療ですらない)へ紹介状を送っていたので、自動的に却下されたとの事(;´Д`)どんだけ間違えれば気が済むの〜!?PCMへ再度乗り込み、修正依頼!!今夜中に修正するとの事(´-﹏-`;)

一方旦那様側はと言うと、PCMへ相談した所、まずは異常がないかの検査をしますとの事で、次回は12日。それで異常が見つかれば、不妊治療へのステップらしい。本当に時間が掛かる(;´・ω・)時間との闘いなのに。。。

9月28日、保険会社のサイトで確認すると、承認済!!不妊治療病院への招待状は無事送り届けられました(/・ω・)/確認した時間が遅くて、病院が閉まったので、月曜日確認するも、招待状が届いて、受け入れ結果まで最大48時間かかるとの事。

10月3日、旦那様に不妊治療病院からReject連絡あり(;´・ω・)

拒否された理由

不妊治療病院からの理由は、2つ。この不妊治療病院は、大変患者が多く、既に飽和状態。予約は最短で6ヵ月先になるという(;´・ω・)。加えて、39歳以上は一切受け入れていない。私は後2ヵ月で39歳。最短で半年先の予約が取れても、39歳になっているので、受け入れられない。との事。

これからどうするか

旦那様が仕事から帰って来て、どれだけお金がかけれるか、いつまで頑張るか等を話し合う予定ですが、とりあえずは、前回訪問した不妊治療病院へ戻して、妊娠が難しいのか検査を受けて、実際どのくらいの金額がかかるか、金額を見て決めようと思います。

旦那様は来年秋から3年間、半年の留守、帰宅を繰り返します(;´・ω・)もし妊娠出来ても、1人で異国での妊娠、出産は正直怖いです。全く英語がわからない訳ではありませんが、保険、医療用語はお手上げです。

結婚するのが遅すぎたかぁ(;´・ω・)。。でもまぁ。成るように成りますよね連絡もらった時は悲しかったですが、旦那様が出来る限り頑張ろうって言ってくれたし

私達、これからも出来る限り頑張ります★(/・ω・)/