晩婚花嫁 アメリカ生活日記

アラフォーで国際結婚した、アメリカ生活日記

*波乱の幕開け?幸せの一歩?* -second date-

今日は久しぶりに、旦那様との歴史をw

初デートから数日後のバレンタインデー 

なんとなく、バレンタインだしって事で、私からデートに誘ってみました。

初デートの後も、毎日連絡は取ってたのと、バレンタインに一人って、なんとなく寂しかったからw 

彼はバレンタインに気付いてなくて、なんも用意してなかったけど、私は、待ち合わせの横浜駅に早めについたので、ちょっとっと、プラザでおもちゃチョコを買って渡した。彼はびっくりして、ズルい、なんにも用意してないとか言ってたw 

スカイビルのお好み焼き食べながら、週末は何しようかぁなんて話してて、

私:河津桜見に行こ~。横須賀からの方が近いから、泊りに行っていい?

彼:いやぁ、家本当に散らかっているんだ。。。。

私:そっかぁ。

彼:沈黙。。。(携帯を取り出し、写真を見せながら)こんなに散らかってるんだ。

私:沈黙。。。そ、そうだね、散らかってるね。。。この子、お嬢さん?

彼:うん。 

マジか!?

私、またやっちゃったか!?既婚者にまた捕まった!?男運なさすぎ!? 

会う前に、彼女が居たり、結婚してたりするか聞いた時、話せば長くなる。。って言われて、私はただ、寂しさと絶望のどん底にいたから、特別気にもせず、そっか、じゃぁ、話したくなったら教えてなぁんて言っちゃったもんだからこんなっ事になって、でも、そこまでショックでもなく。だって、リハビリだし。でも不倫はまずいし、怖いからやだなぁ。。。なぁんて思ってたら、彼が事情を説明し始めた。

奥様は日本人で、子供を連れて、出て行ってしまったこと。

奥様は医者で、自分で処方箋を書き、お薬にハマっちゃってたこと。

娘とは、一切合わせてもらえず、本当に悲しい。。。と。

結婚する前から、奥様はちょっと不安定で、彼は、自分が守ってあげなきゃって思ったんだって。奥様はお母さんと仲が悪く、実は社長の一人娘で、駆け落ち結婚したらしい。でも、結局彼女の不安定さは手におえず、喧嘩が絶えず、子供まで不安定な子供になってしまい、奥様のご両親が親権を持ち、二度と合わせてもらえなくなったらしい。奥様とは離婚の合意はしているものの、まだ書面にしてもらえず、別居状態。 

そうかぁ、重いなぁ~。奥さん怖いなぁ~。不安定なら余計怖いし。何されるかわからないし。写真の部屋の散らかりよう、尋常じゃないし。ってかなんで写真の背景が、洋服が山積み、ほぼ天井に届きそうなわけ?どんだけ不安定なんだよ~。でも、別居中なら。。。。まぁいっか。 

バカでしょw私、バカですwいいわけないし。まぁ結果良しだけど、良い訳ないしw 

結局、私のこの時の結論は、じゃぁお互いリハビリって事で、よろしくお願いします。だったw昔から、既婚者に言い寄られることが度々あり、慣れていたのかもしれない。まぁ、一番の原因は、元カレにこっ酷く振られ、絶望のどん底だったって事だな。 

私達はその週末、河津桜のフェスティバルに行って、彼は結局ウチに泊り、その後ほぼ入り浸っていましたw 

付き合いだして、2週間くらいたった頃、こっ酷く振られた元カレから、よりを戻したいと連絡があったけど、私は今の旦那様を選んだ。

その頃の事は、また今度 

はぁ、振り返ると、かなり壮絶な状況だったなぁ。この状況から、一年以内に婚約、結婚、アメリカへ~なんて。。。改めて、私達が今幸せに暮らせてるのが不思議w