晩婚花嫁 アメリカ生活日記

アラフォーで国際結婚した、アメリカ生活日記

*アメリカで家を買う* - ついにオファー受諾 -

オープンハウスを色々まわり、それ以外はエージェントに連れてってもらい、オファーした数は10件を軽く超える。。。

一軒家が良かったけど、予算的に厳しく、タウンハウス、コンドにオファーするも、受諾されず。

 

今回の物件探しで分かった事。

*今は売り手市場で、希望価格より高く提示しないと、オファーの中身すら見てもらえない。。。

*エージェントの話を鵜呑みにせず、自分で市場調査必須。

*市場価格に踊らされない様に、自分達の価値、ベンチマークを定めると喧嘩が少ないw

 何軒か、本当に気に入ったタウンハウスや一軒家があったが、オファーが全然通らず、旦那様と何度も喧嘩しましたw 

 

エージェントが使えないから、いい加減変えて!!って怒っても、『良い人だから、もうちょっと様子見よう』だの。。。結局、スプリングバリーの一件と、そのエージェントが紹介したローン会社の利子が、彼のメインバンクより高かった事が判明し、契約解除してもらったけど(# ゚Д゚)

私は序盤から、彼はツカエナイと言っていたのに。。。 

彼が見つけ出してくる物件は、オープンハウス。そんなのエージェントが居なくても行けるし。お願い、彼を解雇して。

遅刻3回。社会人として、エージェントとしてないっしょ。お願い彼をクビにして。

ソーラーシステムついてるから、500万上乗せしてって言って来たよ→ありえないし。私達に伝える前に、売り手にバカにしてる?って断るべきでしょ。本当にお願いだから、コイツ、私の前から消して。

おススメのローン会社は、利子が一番安いし、24時間対応で結果が早いよ!!→彼のメインバンクの方が、0.5%も低かったよ!!!はい、契約解除!!! 

 

エージェントも変わり、気分を入れ替えて、一からスタート。

オープンハウスで素敵な物件に出会うも、オープンハウス、競争率が高く、希望価格でオファーしたので、あっさり却下。

エージェントに見せてもらった場所も、少し上乗せしたも、人気があったのか、却下。

 

旦那様は心底お家が欲しくて、ちょっと無理をしてでも手に入れたかったみたいだけど、私は、購入後のお金が心配。本当に払えるのか。。。

そこで、ベンチマークを設定しました。タウンハウス・コンド、一軒家。

基準の金額を決めて、勤務地までの時間、お家の広さ、土地の広さ(一軒家)の価値を決めて、基準額から引いたり、足したり。

希望価格がそれ以下だと合格。以上だと、たとえ素敵なお家でも、後々後悔する可能性があるので、諦めようって。

でもこれが、意外と希望価格と同じくらい。低いところは、上乗せオファー可w

これを設定してから、喧嘩は減りましたw

 

ついにオファーを受託してくれたのは、彼の職場から程近い、ナショナルシティの超狭い一軒家。

小さなお庭に、こじんまりしたお家。一生住むには狭いけど、彼が今の勤め先を辞めたら、貸し出す事も、売りに出す事も出来る立地。リフォーム済で、きれいな内装。

二人のスタートとしては、充分なお家

 

正式に私達のお家になるのは、1ヶ月後くらい。サンディ🐈も気に入ってくれるといいな~

なんか、記念の木を植えたいな~。桜はサンディエゴじゃ咲かないらしいから、金木犀とかどうかなぁ~♬お引越しが楽しみだ